2024年最新版! 第12回事業再構築補助金 採択結果の発表はいつ?どこで?採択率は?令和6年度 プロの中小企業診断士が解説!

執筆者/講師
中小企業診断士 菅野翔のプロフィール写真

菅野 翔
中小企業診断士

中小企業診断士

大学卒業後、ライター、映像編集、会計コンサルなどを経てIoTスタートアップ企業に創業メンバーとして参加。アパレル、飲食等の名だたる大手メーカーから新規受注し、IoTにより顧客の集客チャネルを拡大。

創業メンバーとして参画した経験から、何もないところから会社を運営していく大変さを実感し、同じような悩みを持つ経営者を助ける想いで中小企業の経営者に帆走する。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

2024年4月23日(火)に第12回事業再構築補助金の公募が開始され、中小企業の場合最大1億円の補助が出るため、応募を検討している経営者様も多いのではないでしょうか。

第11回事業再構築補助金の採択結果は2024年2月13日に発表されましたが、実は公募時には採択結果は2023年12月下旬から2024年1月上旬と公表されていました。

申請後、いつ頃に採択結果が発表されるかにより、実行計画に変更が出てくるため、採択結果が出たらすぐに確認する必要があります。

この記事では過去の採択結果の発表時期と、第12回事業再構築補助金の発表時期について説明していきます。

目次

第12回事業再構築補助金の採択結果の発表は2024年10月下旬~11月下旬(予定)

第12回事業再構築補助金は2024年4月23日に公募開始し、公募要領が公表されました。

公募開始令和6年4月23日(火)
申請受付調整中
応募締切令和6年7月26日(金)18:00
補助金交付候補者の採択発表令和6年10月下旬~11月上旬頃(予定)

公募要領では、「令和6年10月下旬~11月上旬頃(予定)」と記載しています。

2024年5月17日現在、申請受付(開始日)は調整中となっており、採択発表以降のスケジュールも公開されておりません。

事業再構築補助金のスケジュールに関しては、こちらの記事で紹介しておりますので、ご確認ください。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

採択結果の公表は予定日より過ぎる?過去の公表予定日び実際の公表日を調査

第11回公募の採択結果は当初、2023年12月下旬から2024年6年1月上旬に予定されていました。しかし、代理申請に関する問題などで審査に時間がかかり、最終的に令和6年2月13日に発表されました。

過去5回の採択公表予定日と実際の採択結果公表日をまとめました。

公募公募開始日採択結果公表予定日実際の採択公表日
第11回2023年5月10日12月下旬〜1月上旬2月16日
第10回2023年3月30日8月下旬~9月上旬9月22日
第9回2023年1月16日6月上旬~中旬6月15日
第8回2022年10月3日 3月下旬~4月上旬4月6日
第7回2022年7月1日11月下旬~12月上旬12月15日

第10回も公表予定日は〜9月上旬と記載していましたが、実際は9月22日と若干公表に遅れていました。
第10回と第11回の直近2回は遅れが出ているため、第12回の採択結果の公表日も遅れる可能性があります。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

採択結果発表はどこで確認をするのか?

要項には「補助金交付候補者の採択の決定後、採択・不採択の結果を事務局から通知します。」と記載されており、事業主へメールで通知されます。

また事業再構築補助金の公式HPでも公表され、「お知らせ NEWS」に公表した旨が告知され、クリックすると「採択結果」のページに飛びます。

採択結果のページでは応募者数及び採択者数が公表され、採択一覧が纏められたPDFを開くことが出来ます。

地域別と産業分野別でPDFがまとめられています。

採択された会社名だけでなく、事業計画名及び事業計画の概要も公表されるため、自社の結果だけではなくどのような同業他社が採択に通ったかを確認することが出来ます。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

過去の採択率は?第1回から直近の第11回まで調査

第1回から直近の第11回までの応募件数、採択件数及び採択率を調査しました。

公募応募件数採択件数採択率
第11回公募9,207件2,437件26.5%
第10回公募10,821件5,205件48.1%
第9回公募9,368件4,259件45.4%
第8回公募12,591件6,456件51.3%
第7回公募15,132件7,745件51.1%
第6回公募15,340件7,669件49.9%
第5回公募21,035件9,707件46.1%
第4回公募19,673件8,810件44.8%
第3回公募20,307件9,021件44.4%
第2回公募20,800件9,336件44.9%
第1回公募22,229件8,015件36.0%

採択率は第1回公募の36.0%から第8回公募の51.3%まで上昇し、その後第11回公募では26.5%に大幅に低下しています。この変動は、政府の予算配分や審査基準の厳格化、あるいは応募内容の質の変化によるものかもしれません。

第12回の事業再構築補助金から口頭審査が加わりましたので、より審査が厳格化されると予想されます。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

実際にお金を受け取れるのはいつか?

採択後、すぐに入金されるのか?

事業再構築補助金補助金に限らず、補助金は採択されたらすぐにお金がもらえるわけではありません。
採択された後、交付決定から事業終了期間の間で発注~支払いまで完了した経費が対象になりますので、注意が必要です。

そして、事業計画書のとおり行い、実績報告をした後にお金がもらえることになります。

したがって、かかる経費は自己資金や借入金などにより、最初に支出することになりますので、資金繰りをよく考えて申請をしなければなりません。

特に、成長枠で7,000万円の補助金をもらう計画の場合は、中小企業においては、2分の1が補助率ですので、自己資金や借入金により1億4千万円を用意しておかなければなりません。

さらに、採択されたとしても、補助金としてもらえた額以外の支出金(7,000万円)は持ち出しとなりますので、要注意です。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

まとめ:第12回事業再構築補助金の採択結果はいつ発表されるのか?

第12回事業再構築補助金の公募が始まり、新規事業の展開や業態転換を考えている経営者の皆様にとって重要な機会になります。過去の採択結果を振り返ると、発表の遅延や採択率の変動が見られましたが、今回の公募でも同様の状況が予想されます。そのため、採択結果の発表時期には注意が必要です。

採択後も補助金がすぐに入金されるわけではなく、事業計画の遂行や実績報告が必要です。自己資金の確保や借入金の計画をしっかりと立て、資金繰りを万全にして臨むことが重要です。

これらのポイントを押さえつつ、事業再構築補助金を活用して、企業の成長と発展を目指していきましょう。最新の情報を常にチェックし、効果的な資金計画を立てることで、補助金を最大限に活用することができます。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

補助金の採択率 “80%超”の実績 ~ 無料相談実施中~

ビジネス処方箋では、補助金申請に特化した中小企業診断士が補助金申請代行サービスを行っています。

ビジネスの目的に合わせて、多種多様な補助金・助成金がありますが、申請のスケジュールや申請書類作成は非常に複雑で、時間がかかります。

そこでビジネス処方箋では、補助金申請に特化した中小企業診断士が補助金・助成金申請代行サービスを行っており、採択率は80%超の実績があります。

貴社の事業に合った補助金の種類や手続方法を30分無料相談できるサービスを行っています。

ぜひ下記のバナーの相談フォームからお問い合わせください。

\補助金申請のプロ!中小企業診断士が帆走し採択率80%の実績!/

目次